【公式】株式会社坂本プランニング

コンクリート圧縮試験供体成形用型枠-エアーマジック-

動画で見る


使用方法

コンクリート打込とキャッピングは通常の方法で行ってください。脱型は次の3通りの方法で行います。パターン1 キャッピング面を上にして空気注入口より圧縮空気を注入する。パターン2 キャッピング面を下にして空気注入口より圧縮空気を注入する。パターン3 キャッピング面を横にして圧縮空気を注入する。

使用上の注意

※コンクリート打ち込み及びキャッピング時に、空気注入孔がコンクリート、モルタル等で塞がらないように注意してください。

※型枠内側及び底板の清掃が傷が付かないように注意し、鋭利な金属刃物等を使用しないでください。又、動力機器等も使用しないでください。

※脱型不能のおそれがあるため、膨張コンクリートには使用しないでください。

※ガソリン、軽油、灯油等の油類やシンナー・ベンジン等の溶剤、その他薬品等は使用しないでください。変形、腐食、溶解の原因になります。

※変形する恐れがありますので、高温になる場合や直射日光に長期間晒される場合に放置、或いは保管しないでください。

ページトップ

Copyright 2017 s-planing.co.jp. All rights reserved.